日本心理セラピスト協会 新しい心理カウンセリングの在り方を考え、NLP、催眠療法などの研究と開発、スキル向上のための活動をしています。
日本心理セラピスト協会
JMTS TOP 入会のご案内 JMTS セラピストスクール 心理カウンセリング研究会 セラピスト協会会員


入会のご案内
JMTSについて
セラピストスクール
心理カウンセリング研究会
JMTS会員一覧





詳しくはこちら>>



会員専用の最新情報



心理カウンセリングについて
様々な症状について
コラム
図書館/資料室
視聴覚室
実験室



ワークショップ
セミナー情報

詳しくはこちら




LINKs







コラム


ダイエットに関する方法論

「催眠で痩せることはできますか?」とお問い合せを頂くことも多々あります。しかし催眠療法は魔法ではありません。通常の催眠療法だけでは難しいでしょう。
人生を変えるのには、努力なしではありえません。でも、できるだけ負担なく最小限の努力で変化できたら良いですよね。

私の催眠療法は一般的なものと違います。
各項目とも話を引き出しているだけのように見えるかも知れませんが、全て催眠的な言語で話します。つまり催眠誘導をしない催眠です。

ダイエットに関しては、かなり複雑な工程を経なければなりません。タバコならすっぱり止めてしまっても予想されるネガティヴな事は少ないのですが、食事に関しては食べないわけには行きません。無理なダイエットによる弊害や、拒食などの問題、自己否定の問題も考えられますので、この文章を読んだ方でも、本質的に理解できない人は安易に取り組まないで下さい。特に抑鬱的な傾向のある方には絶対に施術しないで下さい。危険です。



1stセッション

step.1
痩せたい理由を明確化。理想のセルフイメージを明確化し目標設定をします。
(コーチング的手法)

step.2
摂取カロリーと消費カロリーのバランスの話をします。
(論理療法)

step.3
次に「どんな時に食べてしまうのか?」をヒアリングします。
食べてしまうという行為は単純ではなく、食べることで「何かを得ている」と考えることもできます。
(食べてしまう時の明確化)

step.4
食生活に関する暗示。
この時に痩せた自分のままで問題ないか、行動や感情のエコロジカルチェックします。
(催眠療法的手法)

step.5
最後に6stepリフレーミングします。
(NLP)

step.6
さらに効果を発揮できるように、リソースに沿った内容で具体的にアドバイスします。



2ndセッション

※上手く行っていたら…
その行動をコンプリメントし、さらに強化します。ここでセラピーは終了です。

※もし、上手く行ってなかったら…
葛藤を取り出し、インテグレートします。
インテグレートできたら、まだ痩せたいかをチェックします。
痩せたい気持が十分で正当性が感じられたら、step4に戻ります。

かなりはしょって書いています。
※さらに詳しい内容は正会員専用ページにあります。






当サイト内の全ての内容は著作権で保護されており、内容の一部、または全部を無断で使用、複製、転載する事を禁止します。
リンクに関しましてはこちらをご覧下さい。 >> サイトのご利用について